大阪・兵庫の賃貸マンション管理は、レンタックスにお任せください。

総合管理レンタックス

収益物件購入の5つのポイントについてご説明いたします。

管理会社が教える 収益物件購入の5つのポイント

収益物件に管理会社が管理をおこなっているか調べる

管理を委託している場合は、それなりに収益が上がっている。収益が上がっていなければ管理会社には任せません。
入居者の管理がきちんとされている為に、引継ぎ業務がスムーズにおこなえます。
良い管理会社の場合は滞納処理が早めにおこなわれている為に、表面上の利回りが減る事が少ないです。

不動産投資イメージ

空室の場合、募集家賃は幾らか調べる。

不動産投資イメージ

空室の場合は、レントロールの空室金額を信用するのでは無くご自身で調べる。
売買専門業者は賃貸価格にシビアでない為に、高めに設定する事が多いからです。
学生が多い地域ですと、空室期間が長くなりキャッシュフローに影響が出るために、地域などの特性も十分に把握して、 自分なりの賃料を決めて対策を検討する事が良いと思われます。

内覧時には必ず設備を確認する。

空室が有る場合は必ず内覧をおこない必ず設備を確認する事で、今後の改修計画などがたてられて設備投資も視野にいれる事ができます。
空室が無い場合でも、給湯器などは共用廊下などにある事が多く、残存年数などが把握出来て今後の改修費用の計算がたちます。

不動産投資イメージ

消火器の確認をおこなう。

不動産投資イメージ

消火器は消防法で定められており、その残存年数が切れている場合は消防点検がおこなわれていない事を示します。
消防点検がおこなわれていない場合には所有者様に罰則がかかる場合が有り、購入後直ぐに消防点検をおこなわなければなりません。
又、消防点検をおこなっていない物件では、水道調査をおこなっていない場合も多いです。

管理会社を使うことを視野に入れる。

管理会社を使うと管理料などの経費がかかりキャッシュフローが下がりますが、管理会社を使う事で手間や時間の軽減に繋がります。
特に滞納者への督促業務では、一歩間違えば所有者様が訴えられる場合があります。

不動産投資イメージ

不動産投資活用一覧

トップに戻る